2017年12月8日金曜日

押し花イベント

昨日、企業様主宰の毎年恒例のイベントに
呼んで頂きました。

数十名の皆さんの中で、進行していく押し花アート教室。

無事に終える事ができて、このイベントが終わると
今年も1年がそろそろ終わるんだなぁ・・・という気持ちに
なります。

新しい事を取り入れたりしながら、今回の押し花アート教室を
開催させて頂きました。
とても楽しんで頂けた様で、とても嬉しく思います!
いつも本当に有難うございます。

肖像権等の事もあり、画像をアップする事が出来ない
のが残念です。

いつも感じる事は、

人と関わり、人と話す事の楽しさ。

押し花に触れて、作品を完成させるまでの過程や、
完成した作品を観る喜びを伝える事が出来る押し花の想い。

押し花をやっていて良かった!!と痛感する時です。

来年は、イベント数が増えるかも??
新しいお話を頂く事ができ、感謝です★

2017年11月30日木曜日

平凡な日々の中で・・・

 
何も変わらない、いつも通りの朝。
朝の6時.。まだ外は暗い。
雨戸を7時頃に開け、カーテン越しに外を覗いた。
霧が立ち込めていた。
 
30m先は見えない位の白い霧。
 
「わぁ、霧だ・・・今日は良く晴れるよ」
 
いつもと違う光景に、胸が躍る。
部屋から見える景色は、
住宅、道路しか見えない。
 
写真を撮っても、絵にならないなぁ・・・
玄関から外に出て、空を見上げると、
太陽が見えた。
いつもなら直視できない太陽が、月の様に見えた。
この光景を撮ろう・・・とカメラに収めた。
 
朝だった。
でも、太陽が月のようで、
直視できる太陽を見ていたら、
朝なのか?
夜なのか?
不思議な気持ちになった。
 
道路を歩いて行く子供達が、
霧の中に吸い込まれていく。
 
不思議な朝だった。
 
 

月なのか?太陽なのか?

霧の朝

2017年11月28日火曜日

少し早い昼食

なんとか、インフルエンザの予防接種を受ける事が出来た。
その足で、用事を済ませ帰宅。
 
アトリエは制作途中の材料が机に広がっていて、
その散らかり様で、がっかりした。
午後も用事で、出なくてはならない。
片付けが出来るだろうか・・・・
 
少し早めに昼食にしようと、パンを買ってきた。
甘いものが食べたくて、ヘーゼルナッツとチョコレートが入った
パンと、コロッケパン。
 
組み合わせが、??。
でも、なんだかチョコレートのパンが食べたくて、
買ってしまった。
 
コーヒーを飲んだら、頂こう。
 
 

2017年11月27日月曜日

空振り

本日の予定で、予防接種(インフルエンザ)を受けに行ったら、
病院がお休みだった。

スケジュール的に、今日の予定でいたので、仕方なく他の
2件の病院を回ったが、ワクチンが終わってしまったとの事。

3件、空振りだった。

そんな事ってあるんだ・・・・

途中、神社の中のイチョウの木が紅葉していて、とても
綺麗だった。
カメラを持っていれば素敵な景色が撮れたのになぁ・・・

残念。


ついてない。

こんな時は、やらねばならぬ事に集中、集中。


2017年11月21日火曜日

脳のリラックス

忙しいか、体調を崩しているか・・・・
そんな時は、ブログの更新が止まる。

今回は、両方だった。

人間の体にも、限界があり、精神力はあっても
体がついていけない。

これって、老い?

そうかも知れないな。

体のメンテナンス、皆さんはどの様にしていますか?

運動?食事?

お仕事で頭脳を使う人は、何も考えないで、ボーっと
過ごす時間が大切だそうです。

脳をリラックスさせる事で、更に良い仕事が出来るそう。

努めて、ボーっとする時間を作りましょうね♪

2017年10月29日日曜日

KAIKO(蚕)

私が小学生の頃の帰り道に、機織りの機械の音がもの凄い
大きな音で鳴り響いていた場所があった。
現在なら騒音に近いかも知れない位大きな音だった。

子供の頃は、ここ、足利市は織物や養蚕を仕事にしている風景が
近くにあり、それがごく自然だった。

そして、当時「かいこ」という白い幼虫を良く目にした。
桑畑も近所に沢山あったし、かいこが桑の葉を食べるという事も
知っていた。
なので、かいこを見る・触るというのは容易だった。

クラスの男の子が、白い幼虫のかいこを学校へ持ってきて、
それを「欲しい、ちょーだい!」ともらう。

白くて肌がすべすべツルツルしているかいこの体は
ペットの様にかわいい。それを家に持ち帰り、育てる。

あるいは、白い繭玉をもらって、おもちゃにする。
振るとカラカラと音がする、白い繭玉。
これが、絹糸になるのか・・・
なんて、子供ながらに凄いもんだなぁ。と思っていた。

そして、大切にそのまま繭玉を引き出しにしまった。
いつの事だろうか?
引き出しを開けたら、蝶が羽化していたのを見たのは!!
繭の一部に穴が空き、そこから出たであろう、
白い大きな蛾!となっていた。

「うわ~~!」

気味が悪くなり、捨てた。
それ以来こりて、かいこは貰わなくなった。

現在は、養蚕をしている農家はなくなってしまった。
かいこ・・・
あのすべすべした肌を、再び触ってみたい。






2017年10月7日土曜日

カズオ・イシグロ

カズオ・イシグロさんが、ノーベル文学賞を受賞された。

昨年、「私を離さないで」が、テレビドラマ化されたのを
観ていて、カズオ・イシグロさんを知った。

綾瀬はるかさんが主演で、
もし、本当にこのような世界があったとしたら・・・?
という想像力を次々と掻き立てられる内容とは
半面、心情の揺れ動きが絶妙で、感慨深く、
挿入歌の「Never Let Me Go」がぴたりとMuchしていた。

そして、最後は、生きる・生きている事について問題を
こちらにも投げかけられたようだった。

カズオ・イシグロさんは日本では、5歳まで長崎県で暮らして
いたそうだが、日本への想い・・・ご両親から伝えられた日本の事・・・
どんなものだったのか?

異国で暮らす事になった日本人。やはり様々な想像をしてしまう。

ノーベル文学賞受賞のニュース。とても誇らしい。